DSCF2386御遺骨の改葬に合わせた、先祖代々墓の建立計画です。形がオーソドックスな洋型を選ばれた分、個性的な彫刻をご希望されました。

墓石前面に花柄のレリーフをデザインし、桜御影石と白御影石を墓石本体に埋め込み、鏡面磨きで仕上げることで、花柄レリーフを本体と一体化させています。

今回は故人を偲んで『桜の花』を彫刻させていただきました。

 

工事仕様

工事時期 平成22年5月

工事場所 兵庫県丹波市・白毫寺霊園

工事条件 寺院墓地

石種   黒龍石

墓石仕様 オリジナル洋型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事前

misimaB

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成

 

mishimaA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL