fujitaAモダンな雰囲気に変えたいと、数年前に建てられていた寿陵の建て替え依頼をいただきました。洋型は設計の自由度が高い反面、形や色のバリエーションが多すぎるため、検討するのにとても時間がかかるのですが、今回は、南アフリカ産の石材・ブルーシルクを一目で気に入っていただいていましたので、比較的スムーズに計画を進めることできました。  形はオーソドックスな洋型ですが、青深い独特の光沢を放つブルーシルクが存在感を発揮しています。ニューインペリアルやマホガニーといった赤系の御影石も美しいのですが、周囲との調和という観点から見ると、青系の落ち着いた色を選ばれたことで、しっくりと良い感じのお墓に仕上がったと思います。

 

工事仕様

 

工事場所 京都府福知山市

 

工事条件 寺院墓地

 

石  種 ブルーシルク(南アフリカ)

 

墓石仕様 標準洋型

 

 

 

 

 

工事前

fujitaB

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成

fujitaA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL